米国男子プレーオフ第3戦のBMW選手権最終日(コンウェイファームズGC、イリノイ州、7352yd、パー71)、6バーディ、1ボギーの「66」とスコアを伸ばした松山英樹は、通算13アンダーの7位タイで終了。

6月の「ザ・メモリアルトーナメント」以来のトップ10入り。


優勝は、最終日を6打差の首位から出たジェイソン・デイ(オーストラリア)で、3バーディ、1ボギーの「69」で回り、通算22アンダー。

2位に6打差で今季5勝目。

デイは出場過去6試合で4勝し、フェデックスカップランキング1位。