WGCアクセンチュアマッチプレー選手権2日目、松山英樹はベスト16進出をかけてグレーム・マクドウェルと対戦し、18ホールを戦い1ダウンで敗退。