中国のシェーシャン・インターナショナルGCで開催された世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-HSBCチャンピオンズ」で、松山英樹が日本人初の優勝という快挙を成し遂げました。

3打差の単独首位から出た最終日を6バーディ、ノーボギーの「66」でプレー。後続に7打差をつける通算23アンダーで圧勝し、日本人として初の世界ゴルフ選手権(WGC)制覇を遂げました。