海外メジャーの全英オープン最終日、セントアンドリュース オールドコース(スコットランド)、7297yd(パー72)で、松山英樹は10番までに4バーディ、一時、首位と1打差に迫ったが、その後3ボギーで失速。

通算8アンダーの18位で終了。


ザック・ジョンソンとマーク・レイシュマン(オーストラリア)、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)が通算15アンダーで並び、プレーオフに突入。

2ホールでバーディのジョンソンが競り勝ち、2007年「マスターズ」以来のメジャー2勝目。