ゴルフ日本シリーズJTカップ 石川遼優勝

国内男子メジャー、ゴルフ日本シリーズJTカップは、東京よみうりカントリークラブ(東京、7023yd、パー70)で開催され、石川遼が初のメジャー大会で優勝。

3打差の首位からスタートして6バーディ、3ボギーの「67」でプレーし、通算14アンダーで逃げ切り、今季最終戦を制した。

ただ一人4日間「60」台でプレーし、2位に5打差をつけて優勝。

9月の「ANAオープン」以来の今季2勝目、ツアー通算13勝。


なお、前週のカシオワールドオープンゴルフトーナメントでは1打差の2位で惜敗。

米国男子ツアー今季第3戦CIMBクラシック 35位タイ

石川遼は、米国男子ツアー今季第3戦CIMBクラシック最終日、7バーディ、4ボギーの69で回り、通算10アンダー、35位タイで終了。

優勝は-27で、ジャスティン・トーマス(米国)。


松山英樹は最終日、67で回り、通算22アンダー、5位で終了。

2015-16年シーズン開幕戦 フライズドットコムオープン 予選落ち

米国男子の2015-16年シーズンの開幕戦、フライズドットコムオープン(シルバラードCC ノースコース カリフォルニア州、7203yd パー72)で、石川遼、岩田寛は予選落ち。

アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 52位タイ

大利根カントリークラブで行われた国内男子ツアーとアジアンツアーの共同主管競技「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」最終日、2アンダーの8位タイから出た石川遼は1バーディ、4ボギー、2ダブルボギーの「77」と大崩れ。

通算5オーバーの52位タイに急降下してフィニッシュ。

ANAオープンゴルフ 優勝

国内男子のANAオープンゴルフトーナメント最終日(札幌ゴルフ倶楽部、北海道、7063yd、パー72)、首位タイから出た石川遼は5バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、通算16アンダーで優勝。

石川遼は、今季国内ツアー初出場、通算12勝目。

石川遼 今季米ツアー終了

石川遼の今季米ツアーへの挑戦は、ニュージャージー州プレインフィールドCCで開催されたプレーオフシリーズ初戦「ザ・バークレイズ」での通算5オーバー66位タイで終了した。

フェデックスカップランキングは122位で、上位100人が出場できるプレーオフ第2戦には進むことができず、今季米ツアーを終了した。

日本帰国後は、「ANAオープン」など、国内の試合出場が予定されている。

ウィンダム選手権 31位タイで終了

ウィンダム選手権(期間:08/20~08/23 場所: セッジフィールドCC(ノースカロライナ州)で、石川遼はトータル-9,31位タイで終了。

来季シード権とプレーオフ進出を確定させた石川遼は、世界ランクを3つ上げて189位。

フェデックスランク130位の石川遼は、本大会でランク124位に滑り込んだが、出場圏外の126位とのポイント差は1pt未満という僅差だった。

バラクーダ選手権予選落ち

米国男子ツアーのバラクーダ選手権2日目、28位からスタートした石川遼は1バーディ、2ボギーで、ポイントを加算できず、通算8ポイントでホールアウト。

カットラインに1ポイント足りず、75位で予選落ち。

来季シードの可能性は最終戦へ。


優勝はプレーオフを制したJ.J.ヘンリー(アメリカ)

石川遼 クイッケンローンズ・ナショナル 10位

石川遼は、クイッケンローンズ・ナショナルの最終日、3打差の8位からスタートしたが、2バーディ、2ボギーの「71」、通算11アンダーの10位で終了。

3日目、トップでスタートした石川遼は、初優勝も期待されたが、3日目、4日目ともスコアを伸ばせず、残念な結果となった。

残り2試合で来季のシード権が確定する。


優勝は、18アンダーのトロイ・メリット(MERRITT Troy、29、米国)。

トロイ・メリットは今回が初優勝。

RBCカナディアンオープン セカンドカット

カナダのグレンアビーGCで開催の米国男子ツアー「RBCカナディアンオープン」3日目。

2アンダーの72位タイで予選を通過した石川遼は2バーディ、4ボギーの「74」とスコアを落とし、通算イーブンパーの85位タイに後退。

最終日の出場人数調整(MDF)となる上位70位タイに入れず、セカンドカットで最終ラウンドに進めなかった。
100切り!ゴルフ・パーフェクトマスタープログラム
最高級リゾート旅行が世界最安値保障
GDOオンライン
QRコード
このサイトは携帯にも対応しています。
ランキングetc

ブログランキング
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0