米国男子ツアーのバラクーダ選手権2日目、28位からスタートした石川遼は1バーディ、2ボギーで、ポイントを加算できず、通算8ポイントでホールアウト。

カットラインに1ポイント足りず、75位で予選落ち。

来季シードの可能性は最終戦へ。


優勝はプレーオフを制したJ.J.ヘンリー(アメリカ)